« テレビがつまらない | トップページ | 地方美術館と日本の美術館名品展 »

2009年6月 7日 (日曜日)

講座 美術の窓  
6月7日(日)14時・講堂にて
「美術館の企画展」
当館館長 浅野秀剛

うーん面白かった。
今まで聞いた、美術館の講演会で、一番面白かったと思う。
かなりの変化球だが、年間100回くらいは、美術館に行っている私の不満の源泉を垣間見ることができた。

内容をメモっておきたいが、結構、ぎりぎりの内容をしゃべっておられたようで、北野誠のようになってはまずいので、直接書くのはやめるが、

ひとつ非常に重要な指摘だと思ったのは、日本のメディア(テレビには期待しないが、新聞にも)が、美術館、特に展覧会の批評をできない状況になっているいうことである。
(言外に、このことが、日本の展覧会の質を向上させない理由ではないかということであろう。)

この拙ブログでは、展覧会に不満があったときに、そのまま、口汚くののしったりするのだが、そのようなこと(ののしる必要はないが、)が、新聞などで、できない理由が分かったことは大きい。
雑誌などでは、もしかするとあるのだろうか?

既存メディアに期待できないのであれば、ネットしかないが、ブログ書いている人でも、驚くほど、展覧会に行ったことを書いている人でも、あまり批判めいたことを書いておられない。もっと、批評すべきだと思う。満足されているのかもしれないけれど。

|

« テレビがつまらない | トップページ | 地方美術館と日本の美術館名品展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46144/45266487

この記事へのトラックバック一覧です: :

« テレビがつまらない | トップページ | 地方美術館と日本の美術館名品展 »