« 西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書) [新書] 池上 英洋 (著) | トップページ | 世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記 »

2012年4月15日 (日曜日)

京都

20120415

琳派展14 生誕250年記念展

酒井抱一と江戸琳派の全貌
会期:2012年4月10日(火)-5月13日(日)
前期:4月10日(火)-4月22日(日)
中期:4月24日(火)-4月30日(月)
後期:5月2日(水)-5月13日(日)
細見美術館 生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌
 名門譜代大名家の次男として江戸に生まれた抱一は、後半生を画家として過ごしました。その画風は宗達、光琳ら、伝統的な京都の琳派に強く憧れながら、江戸後期らしい新たな好みや洗練を加えており、近年では抱一の確立した新様式を「江戸琳派」と称しています。
 本展では、浮世絵に始まる抱一の琳派傾倒以前の初期作から、最も得意とした華麗で写実的な花鳥図の数々、出家後に手掛けた仏画の優品など、抱一の多岐にわたる作品を展示いたします。また抱一の有力な弟子、鈴木其一、池田孤邨らを始め、百年以上にわたる江戸琳派の活躍の軌跡も辿ります。総点数 約130点。
 ※本展は3期に分かれて展示いたします。そのため、各期の出品作品が大きく異なりますので、ご了承ください。

開館時間
 午前10時~午後6時
(入館は、午後5時30分まで)
入館料
 一般1000円(800円)
 学生800円(600円)
※( )内は20名以上の団体料金
主催
 細見美術館 京都新聞社 毎日新聞社

|

« 西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書) [新書] 池上 英洋 (著) | トップページ | 世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46144/54479173

この記事へのトラックバック一覧です: 京都:

« 西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書) [新書] 池上 英洋 (著) | トップページ | 世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記 »