« ジス・イズ・ミュンヘン [大型本] ミロスラフ・サセック (著), 松浦 弥太郎 (翻訳) | トップページ | 酒井抱一と江戸琳派の全貌 »

2012年5月 3日 (木曜日)

すべての僕が沸騰する―村山知義の宇宙―

20120503 京都国立近代美術館

すべての僕が沸騰する―村山知義の宇宙―

HOME > 展覧会 > すべての僕が沸騰する―村山知義の宇宙―
サディスティッシュな空間
村山知義《サディスティッシュな空間》
1922-23年 京都国立近代美術館蔵  当館は、村山知義(1901 - 1977)の代表作《サディスティッシュな空間》(1922 - 23)や貴重な版画作品、さらには村山編集の雑誌『マヴォ』(Mavo)などを収蔵し、これまでコレクション・ギャラリーで紹介してきました。
 このたび開催の運びとなった展覧会は、わが国「前衛」運動の旗手・村山知義の多彩な活動の足跡をたどるはじめての回顧展です。 村山はわずか一年のベルリン滞在で、当地に渦巻いていた「前衛」動向に感化され、帰国後1920年代のわが国の美術界に、その衝撃的な表現世界をもちこんだ人物として知られています。しかもその表現は、造形美術にとどまることなく、ダンスパフォーマンスや演劇人としての舞台の仕事をはじめ、最初期から手がけられた絵本のためのさし絵など、文化全般に大きな影響力を与えました。
 本展覧会は、1920年代に展開された美術の仕事を中心に、現存する村山作品と参考資料を一堂に会しながら、村山が活動した時代背景を伝える国内外の作品や資料とともに、その沸騰する創造のエネルギーをはじめて明らかにする好機といえるでしょう。700点を超える作品・資料を配し、下記の展覧会構成によって「村山知義の宇宙」を伝えます。

  Ⅰ. 前兆:1920
  Ⅱ. 伯林:1922
  Ⅲ. 沸騰:1923 - 1931
  Ⅳ. こどもたちのために
  Ⅴ. その生涯


会期
平成24年4月7日(土)~5月13日(日)
開館時間
通常の開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
金曜日の夜間開館日
午前9時30分~午後8時(入館は7時30分まで)
休館日
毎週月曜日
※ただし、4月30日(月・祝)は開館
主催
京都国立近代美術館
読売新聞社
美術館連絡協議会
協賛
ライオン
清水建設
大日本印刷
損保ジャパン
観覧料
  当日 前売り 団体(20名以上)
一 般 850 700 600
大学生 450 350 250
高校生以下 無料 無料 無料

※本料金でコレクション展もご覧いただけます。
※障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)は無料。
 (入館の際に証明できるものをご提示ください)
※前売券の主な取り扱い
 チケットぴあ (Pコード:765-038)
 ローソン   (Lコード:51507)
 ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストアなどで販売予定
 ※前売券は、2月13日(月)から4月6日(金)までの期間限定販売
266
すべての僕が沸騰する―村山知義の宇宙―展 会場
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13

関連イベント
講演会
■「『すべての僕が沸騰する』という現象」
 水沢 勉氏(神奈川県立近代美術館館長)
日時:2012年4月29日(日)午後2時~3時30分
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(聴講無料、当日午前11時から受付にて整理券を配布します)

■「アヴァンギャルドは、幸せかい。―村山知義の場合」
 尾﨑眞人氏(京都市美術館学芸課長)
日時:2012年5月3日(木・祝)午後2時~3時30分
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(聴講無料、当日午前11時から受付にて整理券を配布します)

■子どもたちのためのプログラム
「Tomと絵本の世界」
日時:2012年5月5日(土)午前9時30分~12時
      5月12日(土)午前9時30分~12時
対象:小学生
定員:10名(要申込)
会場:京都国立近代美術館1階講堂
ナビゲーター:朴 鈴子 (当館研究補佐員)
       川井遊木(当館研究補佐員)
<詳細はこちら>

やなぎみわ 演劇プロジェクト 第三部「1924 人間機械」
日時:2012年4月13日(金)~15日(日) 各日午後6時開場
会場:京都国立近代美術館1階ロビー
<プログラム詳細ページ>

広報資料
チラシ PDF形式(550KB)

|

« ジス・イズ・ミュンヘン [大型本] ミロスラフ・サセック (著), 松浦 弥太郎 (翻訳) | トップページ | 酒井抱一と江戸琳派の全貌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46144/54624343

この記事へのトラックバック一覧です: すべての僕が沸騰する―村山知義の宇宙―:

« ジス・イズ・ミュンヘン [大型本] ミロスラフ・サセック (著), 松浦 弥太郎 (翻訳) | トップページ | 酒井抱一と江戸琳派の全貌 »