« 製造業が日本を滅ぼす [単行本(ソフトカバー)] 野口 悠紀雄 (著) | トップページ | 藤田美術館 »

2012年6月16日 (土曜日)

国立国際美術館開館35周年記念展「コレクションの誘惑」

2012/6/10

国立国際美術館開館35周年記念展「コレクションの誘惑」

「国立国際美術館開館35周年記念展 コレクションの誘惑」を開催いたします。
国立国際美術館は、1970年に大阪で開かれた日本万国博覧会における万国博美術館の建物を譲り受け、現代美術を扱う国立美術館として、1977年に開館しました。その後、20数年を経て、収蔵庫が狭くなり、建物も老朽化したため、さらに美術鑑賞により適した立地条件を求めて、2004年11月に大阪の都心、中之島に新築移転しました。
今年は、万博記念公園時代から通算して35年の節目にあたります。当館では、これまでさまざまな企画展を開催する一方、作品の収集も精力的に行い、国立美術館にふさわしいコレクションの形成に努めてまいりました。開館当初は、ジョアン・ミロの陶板壁画など、わずかな収蔵品から出発しましたが、現在では、絵画、版画、彫刻、工芸、写真、映像など、約6300点もの作品を収蔵するに至りました。
本展では、これらのコレクションの中から当館を代表する絵画や彫刻を中心に第1部、近年収集を続けてきた現代写真を第2部とした2部構成で、約350点を全館を使って一堂に展示します。
すでに定評のある作品から国内の他の美術館には所蔵例のない斬新で意表をつく作品まで、見どころ満載です。是非ご高覧下さい。

主催:国立国際美術館、朝日新聞社
協賛:株式会社きんでん、野崎印刷紙業株式会社、財団法人ダイキン工業現代美術振興財団、うおまん株式会社

|

« 製造業が日本を滅ぼす [単行本(ソフトカバー)] 野口 悠紀雄 (著) | トップページ | 藤田美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46144/54982134

この記事へのトラックバック一覧です: 国立国際美術館開館35周年記念展「コレクションの誘惑」:

« 製造業が日本を滅ぼす [単行本(ソフトカバー)] 野口 悠紀雄 (著) | トップページ | 藤田美術館 »