« 別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判 | トップページ | ルネサンス 歴史と芸術の物語 (光文社新書) [新書] »

2012年7月20日 (金曜日)

鳥獣花木図屏風について(3)

アートを生きる 南條史生 角川書店より引用する。

P193 この展覧会によってブームを巻き起こした伊藤若冲の屏風《鳥獣花木図屏風》
P195 若冲ブームが起きたのは、この後のことである。

「この」とは、森美術館の開館記念展「ハピネス」(2003年10月18日[土]→2004年1月18日[日])のことである。
若冲がブームになったのは、2000年の京都国立博物館の展覧会が契機になったというのが通説のはずだが。

|

« 別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判 | トップページ | ルネサンス 歴史と芸術の物語 (光文社新書) [新書] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46144/55240634

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥獣花木図屏風について(3):

« 別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判 | トップページ | ルネサンス 歴史と芸術の物語 (光文社新書) [新書] »