« 応挙の藤花図と近世の屏風 | トップページ | 「大英博物館 古代エジプト展」JOURNEY THROUGH THE AFTERLIFE : ANCIENT EGYPTIAN BOOK OF THE DEAD »

2012年8月18日 (土曜日)

ドビュッシー 、音楽と美術 ー印象派と象徴派のあいだで

ブリヂストン美術館 20120816

オルセー美術館、オランジュリー美術館共同企画
ドビュッシー 、音楽と美術 ー印象派と象徴派のあいだで

2012年7月14日(土)〜2012年10月14日(日)

クロード・ドビュッシーは、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したフランスを代表する作曲家。「月の光」や交響詩「海」などの作品で知られています。ドビュッシーが生きた時代には、音楽や美術、文学、舞台芸術が、互いに影響し合い、時に共同で作品をつくり上げましたが、彼は作曲家の中ではその代表的な人物と言えるでしょう。本展はドビュッシーと印象派や象徴派、さらにはジャポニスム等の関係に焦点をあて、19世紀フランス美術の新たな魅力をご紹介するものです。オルセー美術館、オランジュリー美術館、そしてブリヂストン美術館の所蔵作品を中心に、国内外から借用した作品約150点で構成されます。なお、本展はドビュッシーの生誕150年を記念して、オルセー美術館とオランジュリー美術館、ブリヂストン美術館で共同開催いたします。

|

« 応挙の藤花図と近世の屏風 | トップページ | 「大英博物館 古代エジプト展」JOURNEY THROUGH THE AFTERLIFE : ANCIENT EGYPTIAN BOOK OF THE DEAD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46144/55452355

この記事へのトラックバック一覧です: ドビュッシー 、音楽と美術 ー印象派と象徴派のあいだで:

» 24時間テレビ愛は地球を救う懐かしいハプニング動画 [これはひどい!放送事故多発の24時間テレビ]
これはひどい!放送事故多発の24時間テレビ!アクシデントまとめ [続きを読む]

受信: 2012年8月18日 (土曜日) 21時23分

« 応挙の藤花図と近世の屏風 | トップページ | 「大英博物館 古代エジプト展」JOURNEY THROUGH THE AFTERLIFE : ANCIENT EGYPTIAN BOOK OF THE DEAD »