« 日本中枢の崩壊 | トップページ | ハウルの動く城 »

2012年8月11日 (土曜日)

大阪市立美術館

2012/8/11
特別陳列  橋本コレクション 中国書画

橋本末吉(1902‐1991)は、現代日本を代表する中国書画コレクターとして、世界的に知られています。

橋本は大蔵省から実業界に入り、日本アルコール販売株式会社などの役員・社長を歴任しました。戦後の動乱期に桑名鉄城旧蔵の明清書画を多数購求したことが契機となり、大阪高槻の自宅に蒐集した作品は800点余りにのぼります。独自の慧眼で選りすぐられた作品群は、明清両朝を網羅し、明では浙派や明末の奇想派の作品、清では康煕・乾隆年間の諸作品などに特色があります。また、それまで顧みられることのなかった来舶画人や近現代の書画にも及びました。

本展は、地元大阪初の大規模公開です。その優品を一堂に鑑賞できる、またとない貴重な機会をぜひお楽しみください。


【 会 期 】

平成24年7月28日(土)~9月2日(日)

  【前期】 7月28日(土)~8月12日(日)

  【後期】 8月14日(火)~9月2日(日)
【 観 覧 料 】

一般   500円 (400円)

高大生  400円 (300円)

*( )内は20名以上の団体料金

*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方、

大阪市内在住の65歳以上の方は無料[要証明]

|

« 日本中枢の崩壊 | トップページ | ハウルの動く城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46144/55401576

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市立美術館:

« 日本中枢の崩壊 | トップページ | ハウルの動く城 »