« 鳥獣花木図屏風についての言及 佐藤氏の日本美術史(放送大学教材) | トップページ | »

2013年3月30日 (土曜日)

日本美術大全集における鳥獣花木図屏風の位置づけ

日本美術大全集の第2回配本は、若冲・応挙、みやこの奇想である。

鳥獣花木図屏風も、図版で取り上げられており、解説もついている。
解説は、福士雄也氏、静岡県立美術館の主任学芸員らしい。

そのまま引用はしないが、若冲作を疑う記載は一切ない。
それどころか、「第2の動植綵絵」とまで言っている。

|

« 鳥獣花木図屏風についての言及 佐藤氏の日本美術史(放送大学教材) | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46144/57069534

この記事へのトラックバック一覧です: 日本美術大全集における鳥獣花木図屏風の位置づけ:

« 鳥獣花木図屏風についての言及 佐藤氏の日本美術史(放送大学教材) | トップページ | »